篤志面接委員の沿革

 イギリスのプリズン・ヴィジター制度(刑務所訪問制度)を一つの参考
に,戦後,法務省の呼び掛けで矯正施設に篤志面接委員(制度)が誕
生,まずは現場施設単位に組織が整えられ,昭和62年になってこれを全
国規模で組織化し,各ブロックに矯正管区篤志面接委員協議会,全国
に全国篤志面接委員委員連盟が設立されるに至りました。


 全国篤志面接委員連盟は,翌昭和63年に財団法人の設立があり、平
成5年に特定公益増進法人として認定され、さらに平成25年4月1日公
益財団法人に認定されました。